未分類

口周りのシワとたるみと美容鍼

投稿日:

こんにちは、からだケアRです。

たるみも目の周りや口の周りなど場所によっても原因が変わります。
今回は、気になる方の多い「口周り」のお話です。

たるみの原因は紫外線や食生活、乾燥などいくつもありますが、一般的によく聞く原因以外に解剖学的に他の原因のお話をしますね。

1.下の筋肉が原因の場合
顔の下半分のシワやたるみは、舌の筋肉が関係していることがあります。
舌は表情筋の中ではインナーマッスルだと考えられています。

安静時の舌先の正常な位置は「上前歯の手前の歯茎」で、舌全体は上顎の天井に引っ付いた状態になります。
舌の位置が下がってしまうと口の中の圧力が弱まってしまって、顔の表情筋(アウターマッスル)に代償的に力が入った状態になってしまいます。
嚥下(飲み込む動作)は睡眠時間も含めると1日に2000回ほど行われていると言われています。

調節や細かい動きなどを行うインナーマッスルより、大きな動きを起こすアウターマッスルがたくさん動くことによってシワ(マリオネットライン)や口周り全体のたるみに繋がってしまうんですよ。

2.姿勢不良
顔と姿勢は直接関係ないように思いますが、実際には密接な関係があります。

頭には薄い筋肉はいくつかあり、筋肉は「筋膜」という膜に包まれています。
この筋膜は1つずつの筋肉を覆うのではなく、他の筋肉とも繋がっています。
つまり、全身の筋肉を覆うスーツのようなものなんです。
例えば、スーパーなんかのビニール袋を引き伸ばすと元に戻らず伸びたままの状態になりますよね。
それと同じで、猫背などの姿勢不良によって「背中が丸くなった状態」や「顎が上がった状態」によってどこかに引っ張る力が長い時間続いてしまい、シワやたるみの原因になってしまうんですね。

では、上記の原因に対してのケア・改善方法をご紹介しますね。

1、舌のトレーニング
①顔を上に向けて口を開けた状態で、下を鼻につけるように上にあげます。
次に、反対に顎につけるように舌を下に伸ばします。

②口を「ほ」と発声する時の形にして、舌で左右の頬を押します。
左右で10〜20回ほど行います。

③舌を前に思いっきり突き出して15〜20秒キープします。

④口を閉じて舌先で右頬→上唇→左頬→下唇を押しながら回します。
反対周りも忘れずにね!

2、姿勢改善
矯正などの整体施術を受けるのが1番の近道ですが、日常生活の中で気をつけることも大事です。

①座った状態でも立った状態でもお腹を凹ましながら力を入れる癖をつけます。
腹圧が高っまた状態を作ることでまっすぐな姿勢になりやすくなります。

②椅子に座る際はなるべく深く座ります。これは長時間浅く座ることによって土台である骨盤が前や後ろにずれ、反り腰などの姿勢不良になりやすくなってしまうからです。

3、美容鍼
美容鍼によってシワ、たるみに対して直接アプローチすることが可能です。
リフトアップさせるように鍼を刺して、回数を重ねることで細胞の代謝も上がり、ターンオーバーサイクルを整える効果もあります。
また、たるみの原因は頭皮にも隠れていると言われていますので頭皮にも鍼を刺し、あらゆる原因にアプローチします。

上記の姿勢不良やトレーニングなども併せて行うことが可能です。
気になる方はお気軽にご相談くださいね。

整体  まずはお試し ¥3500
美容鍼 まずはお試し ¥5900

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
変わる、始まる。
からだケアR四日市
三重県四日市市鵜の森1−14−18三昌ビル2F(近鉄四日市徒歩3分 
                         駐車場3台完備)
059-324-8564


-未分類

Copyright© からだケアRおおぞら整骨院の新着情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.